正直になりたいな、ブログでも現実でも・・。

この所、ブログの更新頻度が週1回ページになってしまって(更新しなくちゃ!)という透明人間からの圧力を受けています。どうも、こんばんわ!(笑)

ただ、別に更新を怠っていた訳じゃない(一応、毎日少しは作業している)ですよね。、記事の内容も決まっているんです。でも、いざパソコンの前に座って更新しょうと思うと出だしが決まらなかったり、途中まで書いても(何か違うな?)みたいな感じで、書いちゃ⇒消し⇒書いちゃ⇒消しの繰り返しで記事が何時になっても完成しない・・。これが、ここ1週間近く更新をしていない理由の一つです。

書く内容は決まっているだけに、更新できない辛さは通常の2倍〜3倍です。
(そう、それはカルピスの原液の割り方を間違えた時のように・・。)

でも、ブログの更新をやめようとは思わないんですよね。
これって不思議な話なのかもしれないんですけど、あれだけ(辛い!辛い!)って思っても、購読している読者やコメント数から得られる喜びや達成感の方が勝ってしまっている。難易度がMAXに高いゲーム(トラキア777)のように、難易度が高ければ高いほど、ちょっとの喜びでも達成感を味わえると思うんです。

記事を書いたって殆どは無反応(=難しい)です。

でも、一生懸命書いた記事に反応が合った時って、何度もプレイして倒せなかったボスが倒せた時のように(達成感)が自分の中に物凄いある。自分が書いた内容に反応があったんだよ!って・・。

理想の更新スタイル


 このブログは別に、更新する内容(テーマ)を決めて書いている訳じゃありません。
自分が他のブログを読んでいて(こんな風に思った)的な事だったり、気になった商品や動画(要は、何でもOKブログ)を更新しています。

更新頻度も基本は決めていないんですけど、一応の理想はあって・・(↓)

。影おきくらいに更新。(月・水・金・日)

△泙,泙,閉垢気諒が良い。

と言うのは思ったりしているんですけど、(↑)のように理想通りには更新してないりが現実です。
ブログとして理想だと思っているのは「北の大地から送る物欲日記さん」とか「ネタフルさん」のように、ある程度の内容と記事数を更新していて(そろそろ、更新してるかな♪)っていう安心感?を与えられるブログには憧れますね。特に、内容の濃い記事を1日に何個も更新している(北の大地から送る物欲日記さん)のようなブログには・・・。

北の大地から送る物欲日記














正直な話、(なんで、あんな大量に書けるんだろう?)って思っちゃいますもん。
(こっちは書けないのに・・。)(笑)

1つの記事を1日で仕上げたいな〜。


 これは、しょっちゅう思います。
自分はネットを1日3時間くらい(遊びも更新も含めて)やるんですけど、その時間には(遊び・情報収集・画像加工・更新作業)の全ての時間が含まれているからなのか?記事作成スピードが尋常じゃない程に遅いんです。ホントだったら、書き始めた日にささっと書き終わって(はい、更新完了!寝ま〜す)みたいのが良いんですけど、ダラダラダラダラガンダ〜ラ?1日、2日、3日と掛かってしまって、最長で1週間以上も同じ記事を書き続ける事だってあります。(前回のドラえもんの記事がそれ。)

ドラえもんの道具に学ぶ10の教訓

自分はFirefoxの中に「Mee Timer」という(サイトの観覧時間を表示する)拡張を入れているんですけど、それを使ってブログ画面の観覧時間=更新時間を見て(えっ!こんなだけしか作業してなかったの?)って思う事が多々あったりします。(3時間の中で30分に満たない時とか。)

Mozilla Re-Mix: サイトごとに閲覧時間を記録してくれる「MeeTimer」:

それでも、Timerを導入してから多少は作業時間が伸びたんじゃないかと・・。
(意識するようになりましたし、ブログの管理画面を開いている時間が長くなった気がします。)

でも厳密には、他のブログを読んでいる間や情報収集しているも記事の内容を練ってますし、移動中や寝る前にも少しは考えてますから、もっと厳密には長いのかもしれませんね。

とかいっても、ブログは1日じゃ書けないんですけど・・。(笑)
1日で仕上げるブログ(=有限実行ブロガー?)になりたいな、ならなくちゃ、絶対なってやる・・。

ポケモンマスターに?

     

ブログに変なプライドを持つ自分


 ブロクを書き始めたは良いけれど(書いちゃ⇒消し⇒書いちゃ⇒消し)の繰り返しが多いって(↑)でも書きましたけど・・。どうも自分が書いた内容に納得しなかったり、面白くないんじゃないか?とか思ってしまって、記事を書き直す作業を頻繁に繰り返しています。
(この部分も何回も繰り返して書いてます。)

繰り返して書く行為自体は普通に(小学生の読書感想文)でも行われているので問題は無いと思うんですけど、どうも自分の書いた内容を変に思ってしまう傾向にあるようなんですよね。
たぶん、それって他者(他のブログ)と比較して(あのレベルの文章は書かなくちゃ!)という思いが強いからだと思うんです。

(↑)でも書いたように、自分は他の記事に触発されて(あっ、こんな話も書ける。)記事を書き始める事が多かったりするので、書く前から参考?参考になった記事が存在しているんです。

前回の記事「ドラえもんの道具に学ぶ10の教訓 」であれば、tek_koさんが書いた「風来のシレンに学ぶ10の教訓 - 遥か彼方の彼方から:」を読んでいて(風来のシレンに人生の教訓があるだったら、ドラえもんにも沢山の人生の教訓があるじゃない・・。)という思いつきから書き始めていますし、音楽系や紹介を除いて(文章系)の記事を書くときには、何かしらの記事(複数の場合も・・。)を読んでいて思いつく場合が殆どです。引用もさせてもらっている訳なので、引用元の記事から何かしらの影響を受けているのも事実なんです。(パクリとは違うとは少し違うような・・。)

だから、何と説明したら良いのか?(引用元の記事と同レベルの文章力じゃないとダメ)みたいな感じになっちゃうんですよね。絵を模写していて(本物のレベルに近づきたい!)って思ような感覚に似ていて、どうしても自分のレベルよりも高いレベルを自分自身に求めてしまっている気がする・・。

,發辰抜柄任砲泙箸瓩覆ゃ!

∧かり難くいかも?

だから、記事を何度書いても満足しない。
記事に変なプライドとレベルを持ちこんでしまっているような気がします。

それが=記事が書けない理由?だったりするのかもしれませんね。

自分の力量を超える記事を書こうとしている?


(↑)プライドの部分に似ているんですけど、ブログの記事が書けない時って(高いレベルの記事を自分自身に求めている)場合が多いような気がします。それは、良い記事を書きたいとかじゃなくて(人気になる記事を書きたい!アクセスを稼ぎたい!)っていう私欲のために・・。

ブロガーなら誰でも一度は(人気ブロガーになりたい!)と思った経験があるでしょう。自分もそうでした?あんまり大きい声じゃ言えませんけど、他のブロガーの記事が人気になれば(あの記事書けたのに!)とか、自分が知っているネタが人気になれば(あのネタ知ったのに、書けば良かった・・。)とか思ってました。

だから、記事を書く時に(高いレベル)を求めてしまっていた。
それに加え(アドセンスやアマゾン)の収入を期待して、さらに高いレベルを求めてしまう・・。

そう思って(高いレベル)の記事が書けたら、それはそれで良いと思います。
だけど、普通の人が急に文章のレベルを上げられる程、世の中は簡単じゃない。スターウォーズの映画を観て(あっ、こんな映画を作ろう!)とか思って見様見真で映画を撮り始めたって、その人は脚本の知識もアングルの知識も何も持っていない。ジョージ・ルーカス監督は今まで積み上げた知識があるから「スターウォーズ」のような大作を作れる訳であって、勉強も努力もしてない人に簡単に作れるような代物じゃないんですよね。これは、ブログも同じだと思います。

それに、そうやって必死で書いた記事って面白くないですし、書いている本人も楽しくないんですよね。
自分が本当に楽しんだり興味のある(ドラえもんの記事)を書かなくちゃ、人の興味や気持ちは動かせない。それ以外の記事は要らないよって、自分に言いたい・・。(笑)

(まずは、自分から・・。)

ブログなんて、自由に書いてりゃ良いんじゃないの?


このブログも開設から3年〜4年近くが経ちますけど、自分のブロガー歴が増す毎に、昔は知らなかったブログの知識(悪い言い方だと、現実)が少しづつ分かるようになって来たと感じています。ブログを始めた当初は、それそれは夢に溢れていました。
(お金が稼げるとか、人気ブロガーになれるとか・・。)

でも、ブロガーを何年も続けているとブログの現実を知ってしまいます。

,呂討淵屬膿裕い砲覆辰燭らって、人気ブロガーになれる訳じゃない。

▲縫紂璽好汽ぅ鳩侏海蚤舂未離▲セスが来たって、公告はクリックされない。

ブログで簡単に稼げる程、現実は甘くない。

い修谿幣紊法読者はもっとシビア。

ブログを何年もやって来てわかった事なんですけど、ブログを必死で更新しても現実世界で得られるメリットって思っているよりずっと少ない。それ以上に、デリットの方が圧倒的に多い。
(ネガティブコメント問題とか、更新時間の問題とか、精神的ストレスとか。)

だから、無理に更新しなくったって良い。アクセスを無理に稼ぐ必要もない。そんな無理したって、自分の思うような成果も待ってない。自分のペースで好きな記事を書き続ければ良いじゃない。
そう、ブログ歴3〜4年目になって感じ始めています。(もっと早く気が付きたかった・・。)

ブログ批判を色々と展開していますけど、何のメリットも無い訳じゃありません。

無理な競争は止めた方が良いと思いますけど、自分の中で良い記事に仕上げようと思う努力は大切だと思います。そうやって一歩一歩一記事一記事づづ、文章力を積み上げて行く事で⇒上手い表現方法や文章が書けるようになる⇒そして、人気ブロガーにだってなれるかもしれない。

それに、ブログは大きいメリットは少ないですけど、細かいメリットは沢山ある。

ー分の書いたブログに意見が貰える。

読者に喜んで貰える。

自分の趣味を他人と共有できる。

ぅ屮蹈梓愀犬陵達が増える。

ブログって辛い事も悲しい事もいっぱいです。
だけど、その大きな(辛)の中には小さな()がいっぱい溢れている。そんな()を(辛)と同じ位の大きさで感じられたら、ブログの更新も何倍も楽しくなれる。

あなたの趣味は何ですか? (ブログです!)

そう、答えられるようなブロガーになれる日を夢みて・・。
(まだ、夢を見ている段階。もしかすると、一生夢の中なのかも・・。)(笑)

関連記事


ドラえもんの道具に学ぶ10の教訓