ブログネタ
ビジネス書全般 に参加中!
一勝九敗
一勝九敗
posted with amazlet at 10.06.02
柳井 正
新潮社
売り上げランキング: 2374
ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井さんが現在までの歩み(出版は2003年ですが)を綴った本。今やユニクロといえば、売り上げ高5兆円、世界一の洋服チェーンを目指し破竹の勢いで成長する企業ですが、その裏には沢山の失敗が隠れていた。本のタイトルにもある「一勝九敗」。柳井さんはビジネスでの成功を、10回のうち1回の成功だと言います。ユニクロの成功はある意味で失敗の歴史でもあります。フリースで大ヒットを飛ばし、その後の低迷期、野菜販売を始めた時には(ユニクロ終わったな)と思ったりしましたが、その失敗から学び成長へと繋げた柳井さんの経営哲学。

ユニクロの凄さは失敗の哲学にあるんだと思います。
失敗を負けと捉えず、そこから学べるものを吸収し、次の成長へと昇華させる
失敗の哲学

出版が2003年なので今のユニクロとは少し雰囲気が違いますが、今でも柳井さん含めファーストリテイリングの失敗哲学というのは通用するものだと思います。おもしろいです。

柳井さん独特の表現が少し読み難くくもありますが、その辺はご愛嬌ですね。
経営者と商売人はどう違うのか。商売人は、売ったり買ったりすること自体が好きな人。ほとんどの中小企業の社長は、その意味で経営者ではないと思う。経営者とは、しっかりとした目標を持ち、計画を立て、その企業を成長させ、収益を上げる人のことだ。
失敗を生かすも殺すも経営姿勢次第である。失敗は誰にとっても嫌なものだ。(中略)

失敗には次に繋がる成長の芽が潜んでいるものだ。したがって、実行しながら考えて、修正していけばよい。危機に繋がるような致命的な失敗は絶対にしてはならないが、実行して失敗するのは、実行もせず、分析ばかりしてグズグズしているよりよほどいい。失敗の経験は身に付く学習効果として、財産になる。
一番目は「顧客の要望に応え、顧客を創造する経営」。
二番目は「良いアイディアを実行し、世の中を動かし、社会を変革し、社会に貢献する経営。」