visa-debit-exp

ギズモードさんで、クレジットカードの機能を持ったプリペイドカード「Vプリカ」というカードが紹介され、はてブなどで注目を集めていました。確かに、クレジットカードは信用という意味があるだけに、フリーターや無職の人にとってのハードルは高いです。でも、ネット通販などでは代金引換や銀行振り込みの手数料などを考えると、Amazonや楽天などの通販サイトを利用する際には、クレジットカードの方が断然便利です。

ネット専用クレカ便利すぎ。クレカを持てない、持ってない人に最適な「V-PreC@(Vプリカ)」 : ギズモード・ジャパン

確かに、「Vプリカ」は便利ですが、個人的にはもっと便利なカードが存在すると思っています。それは、

VISAデビットカード

というものです。
最初知ったときは「こんなサービスあるの? 早く言ってよ〜」と思わずにはいられませんでした。(笑)

「VISAデビットカード」とは何なのか?簡単に説明すれば、クレジット機能のないクレジットカードです。「クレジット機能のないクレジットカードなんて、意味ないじゃん!」そう思われるかもしれません。しかし、クレジット機能なしでクレジットカード並みの機能を備えていたら、どうでしょう?そんな夢のようなカードが「VISAデビットカード」です。僕も1枚持っていますが、これは作って良かったなと心の底から思います。普通のクレジットカードとの大きな点は「銀行口座」の残高のみしか利用限度がないという点です。簡単に言えば「使いすぎる」という事がありません。欲しい商品が1万円で銀行に5000円しか残高が無かったら商品が買えないのです。「しまった!今月使いすぎて支払いがヤバイ!」という事がありません。

現在、日本では主に「スルガ銀行」と「楽天銀行」で発行しています。
以下、簡単に「VISAデビット」の良さを紹介しておきます。

●作ってよかった「VISAデビット」が便利すぎる理由

visa2

”縮名紊魯レジットカードと変わりなし。

これは大きい点ですね。クレジットカードとほぼ同じ機能です。店員さんに「VISAデビット」を出しても「当店ではお使い頂けません」という事がありません。VISAに加盟している店舗であれば全て使用可能です。残念ながらリボ払いには対応していないので、店員さんに1回払いでお願いします。と言えば、問題ありません。

■隠戯个ら作れる。

銀行によって違うのですが、スルガ銀行の場合は15歳から作る事が可能です。僕が作った際には、住所確認の電話がありましたが、信用が必要ない分、無職の方や学生でも作れるはずです。高校生でも本やゲームをAmazonで購入したいお年頃。いちいち親に頼んで買ってもらっていたりするのは面倒ですよね。信用がない分、子どもでも安心して作る事ができます。

6箙垳座の残高以上は買い物できない安心感。


クレジットカードのような月末一括払いだとついつい無駄な買い物をしてしまう危険性があります。しかし、「VISAデビット」ならその場で口座から引き落とされれます。スルガ銀行の場合、ご利用確認のメールが引き落としと同時にメールで送られてくるので安心ですね。

ぅレジットカード払いができる。

おこがれのクレジットカード払いです。月額費のかかるサービスを利用してい場合、クレジットカードによる支払いを義務付けられている場合かあります。「クレジットカードがなきゃ利用できないじゃん!」と泣き寝入りした方もご安心。これさえあれば、月額のサービスも利用可能です。僕の家では「スカパー」「WOWOW」などのサービスの支払いに利用しています。本来なら正規のクレジットカードが理想ですが、まぁこれはこれで良いと思います。ただ、スルガ銀行の場合、「TSUTAYAディスカス」など一部のサービスで利用できない場合があります。

ゥレジットカードの保障が使える。

これは、かなり大きいと思います。もし買い物をして故障や具合、詐欺などがあった場合、「Vプリカ」の場合は泣き寝入りですが、スルガ銀行が発行する「VISAデビット」は無料で保障の対象となる場合があります。その点については以下をご参照ください。

Visaデビット Visaデビット基本情報|スルガ銀行

visa3


作るなら断然、スルガ銀行がオススメ。

日本では主に「スルガ銀行」と「楽天銀行」が発行していますが、断然オススメなのが僕の持っているスルガ銀行です。楽天銀行でも発行しているので好みですが、スルガ銀行が無料発行なのに対して、楽天銀行は年間1000円ほどの維持費がかかります。それに加えて、スルガ銀行は「セブン銀行」での預金の出し入れが無料なのに対して、楽天銀行は回数が制限されているのです。
スルガ銀行 発行手数料&年会費無料
楽天銀行 発行手数料無料 年会費1000円
「Vプリカ」を使うか「VISAデビット」を選ぶのかは好みですが、一度発行の手続きを済ませれば、銀行にお金を入れておくだけで使える「VISAデビット」をオススメします。