ドコモ2

今、スマートフォンが熱い。「iPhone5」の発売で空前のスマホブームを巻き起こすアップル。そして、アップルと真っ向から対決するサムスン電子の「GALAXY」。今や家電量販店に行けば、スマホ以外は選択肢にないんじゃないか?というほど、国内・海外問わず色々な端末があります。ただガラケーとスマホの大きな違いは、月額料金が割高という点にあると思います。iPhoneで月々6,000円〜7,000円が当たり前。通話も含めれば、スマホで月1万円近く払っている人も少なくないはずです。2年縛りで月7,000だとトータルで20万円近い金額になりますから、このランニングコストは高いです。人によって、動画やネットを頻繁に見れば見るほどパケット定額はお得ですが、Twitterとメールが主で、少しネットを使うだけという人にとっては、月々7,000の料金プランは少々割高です。一説によると、「スマートフォン利用者のうち、3人に2人は一月のモバイル・データ通信使用量が500MB以下」だそうです。

そんな方に朗報。月々の料金が1,980円でドコモの高速通信網であるLTE回線が使える方法があります。それは、Amazonで販売されている日本通信という会社の「bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)SIMパッケージ」という商品です。簡単に説明すれば「MVNO」というもので。ドコモから通信回線の一部を借りて通信事業をやっている会社です。とにかく、料金が安い方がいい!という方には月々500MBまでの容量制限がありますが、画期的な商品だと思います。

以下、簡単に設定方法と商品説明をしておきます。

●ドコモと契約せずDOCOMOのLTE回線を月1,980円で使う方法。

実際に、届いた商品がこちらです。

DSCF6304

物凄く薄いです。中身はsimカードと説明書きが書かれている程度。これだと初めてやる人は結構、大変だと思います。僕もネットで色々な情報を探して設定しました。今回、使う端末はドコモが発売している「GALAXY Note」です。オークションで買いました。ドコモの端末はsimフリーでなくても大丈夫です。他社端末を使用する際には、別途、simフリーの作業が必要です。日本通信の正式な対応機種ではありませんが、問題なく使えました。あそらく、ドコモのスマホだったら大体はいけると思います。

DSCF6309

これがsimカードです。機種によって大きさが違うので注意が必要です。今回は、「GALAXY Note」用にMicroSIM版を買いました。simカードをスマホにに差し込んだら、すぐに使える!というわけではないのが、残念なところ。まずは、アンドロイド登録の前に、日本通信のHPから住所・クレジットカードなどの登録を済ませます。

●日本通信の開通手順。

日本通信1


規約に同意。

日本通信2


IDとパスワードを入力します。

日本通信3


製品パッケージの裏。バーコードの周辺に貼ってある電話番号とIDを入力します。

日本通信4


クレジットカード情報の登録。デビットカードは使えませんので、注意が必要です。

日本通信5


これで完了。僕が申し込んだのは土日だったので、多少時間が掛かりましたが、最長でも1日〜2日程度で開通します。早い人では1時間以内に開通するそうです。

日本通信6


申し込むと、1週間くらいで住所確認のコードが入った封筒が届きます。これを日本通信のサイトに登録する事で、登録は完了します。登録しない場合は、回線の停止などもありますので、早めの登録がオススメです。

DSCF6312


●アンドロイドでの設定。

アンドロイドでの設定が必要です。以下、設定手順を紹介しておきます。

まず、アンドロイドの設定画面を開きます。
そしたら、無線とネットワークの設定という場所をタッチします。

SC20121003-133716

次に、モバイルネットワークの設定という場所をタッチします。
すると、「APN」という場所をタッチ。アクセスポイントの設定という場所に進みます。

SC20121003-133525

すると、

SC20121003-133534

この画面から、新規の「APN」を登録します。製品に付いてくる紙にパスワードとIDなどが書かれているので、そちらを入力します。「プロキシ」とか「サーバー」とかありますが、その辺は設定しなくても繋がります。

実際に使ってみた感想としては、やはり本家のドコモにはスピード面で劣りますが、LTE回線であれば、不満ないスピードだと思います。スピードテストのアプリで回線の速度を計ったら、以下のようなスピードが出ました。場所によってはもう少しスピードが速かったり、遅かったりしますが、まぁ価格的には納得のスピードです。

SC20120922-133956


一応、体感速度を知ってもうために、実際に使用感を動画で紹介してみょうと思います。



●アンドロイドでの設定。

500MB制限で一番心配なのが、実際に500MBでどれくらい使えるのか?という点ですが、日本通信のサイトの「500MBでどれだけ使えるの」というページに、具体的な使用例が紹介されていました。大体、Yahooのトップページで約2000回。メールが10万通なので、1日に150ページほど観覧できる計算です。動画は250分しか見れないので注意が必要です。動画を大量に見るには向いていないかもしれませんね。少しのネットサーフィンとメールが殆どだという人には最適ですね。特に、メールがドコモやソフトバンクではなく、Gmailという人にはオススメです。

日本通信6


実際に、どんな人が使えばいいか?というと、簡単に要約すれば以下のような人になります。

・とにかく月額料金を安く押さえたい。
・2年縛りが嫌だ。
・少しのネットとメールしか使わないので今までのプランが割高だ。
・ドコモとソフトバンク、auのアドレスに拘りがない。

電話はどうするんだ?という質問を受けますが、僕の場合はauのガラケーとの2台持ちです。auはメール無料のプランEというプランに加入していて、月額料金は1,000円ほどです。日本通信の月額料金を足しても月3,000円行かないというのが嬉しいですね。

気になったら、是非、お試しあれ。でわ。

実は、iPhoneのiPod(音楽)機能はあまり使われてないのでは…という話。
iPhone4Sを脱獄せずに840円でSIMフリー化し、ドコモ回線を月額980円で運用する方法。
月額480円でスマホが使える!?格安データ通信会社(MVNO)のまとめ。