先日、我が家ではキューリグというコーヒーマシンが流行っていると書きました。手軽に美味しいコーヒーが飲めるという事で大活躍なわけですが、実は問題が一つあって我が家でブームになりすぎたという問題があります。1杯80円なら安いですが、2人とか3人で1杯に何杯も飲んでいると結構な出費です。で、もっと安く飲める方法は無いか?と探していたいい物を発見しました。それは、キューリグのカップに自分で粉を詰めて使えるというものです。実際、この手の商品は何個かあって、例えば、「Solofill」とか「My K-Cup」ありますけど、いかんせん評判が悪い。粉がこぼれるとか、うまく抽出できないとか、、。

で、色々と検索すると「Ekobrew」という商品の評判がすこぶる良い事を発見したわけです。参考として、米Amazonでの評価を見てみましょう。

7897f6ff.png


合計で6000件越えという驚異的なレビュー数。日本では殆ど評価が無いですが、アメリカでは圧倒的な支持を得ています。という訳で、以下、簡単に開封の様子と抽出の様子をレビューしてみたいと思います。

●「Ekobrew」開封の儀。

まぁ正直に言うとおもちゃみたいな簡単な梱包です。
製品の完成度は高くて、素材はステンレスて出来ていて、とても頑丈です。
e9552e8f.jpg

英語は読めませんが、粉を入れてセットしろ、云々の事が書いてあるのでしょう。
c63ab7ca.jpg

これが本体です。
この小さな穴からコーヒーが抽出されるようですね。ボクも使ってみましたけど、穴が大きすぎて粉がこぼれるという事はなかったです。絶妙な大きさですね。
3da79ca2.jpg


a7fc8be5.jpg


a6032026.jpg

●スタバの豆を買ってみた。

基本的にボクはスタバが好きです。なので、今回は店舗に行って豆を買って来ました。ボクが買ったのは「ハウスブレンド」というもので、スタバでは割とポピュラーな種類のようです。価格は税抜きで1050円。大体これが20杯〜30杯くらい抽出する事ができます。普通にK-cupのスタバのやつは米価格で100円くらいしますので、これは圧倒的にお得です。
9af7b17f.jpg

●スタバの豆を使って1杯30円でキューリグから抽出してみた。

使用方法は至って簡単で、豆を詰めてセットするだけです。
544b5342.jpg

補足しておくと、この製品は日本のネオトレビエ「BS200」では使用可能ですが、B30、B130、B150、B155、B3000では互換性がないようです。で、粉が詰め終わった、それを本体にセット。これは通常の物と同じ手順です。
76889bde.jpg

若干のスキマが出来るのは、正規品ではないからなのか。でも問題なく抽出できているので、まぁいいでしょう。
9767189b.jpg

あとは通常の手順で抽出ボタンを押せばOKです。
63be8999.jpg

これはもの凄く良い商品です。手軽にそして安くスタバやブルーマウンテンが飲めるのなら、これは買いでしょ。たた一つ問題があるとすれば、価格ですね。アメリカでは19ドルほどで販売されてますが、日本では現時点でAmazonでしか売ってなくて4500円します。完全なぼったくりですね。もし安く仕入れたいのではあれば、米Amazonで買うのも一つの方法です。K-cup高いな〜と感じている方にとってはおすすめです。