最近、携帯業界では電話料金の定額が話題です。殆ど通話をしない、もしくはLINEなど無料通話アプリを使っている方にとっては、強制的な値上げとして改悪という声も聞こえます。実際まだサービスが開始されていないので詳細は分かりませんが、今でも複雑な携帯料金プランがさらに複雑になったという声が聞こえます。で、ユーザーの一番の悩みが何か?と言えば、最安で幾らで運用できるのか?という点です。やはり携帯料金は安く済ませたいですよね。

ボクが現在使っているのはSoftBankのiPhone5(旧型)ですが、もし最新のiPhoneにMNPでドコモやauから移行した場合、最安幾らで運用できるのか?という計算をしてみました。

●iPhoneを最安幾らで運用できるのか計算してみた。

基本的に新しいSoftBankの基本料金は通話料定額で2700円です。そこに自分が使う料金を上乗せで払う事になります。

1768247d.png


データ通信料は使う容量によって以下のように変わります。

85902654.png

最初は自動的に容量を越えると低速ではなく、料金が加算されるいわゆる「パケ死」の問題もありましたが、SoftBankで現時点で容量を越えると、自動的にデータ通信が低速になるそうです。

●スマ放題でも月月割を使えるのか?

ボクが現在使っているのはiPhone5で、月々は大体3700円くらいに抑えてます。平均的に言うと8000円くらいだそうなので、結構安い方だと思います。何故、これだけ低価格で運用できいているのか?というと、端末を一括で購入したからです。まぁお金持ちではないので、新型が出て旧型が底値の時に買ったけですが、、。実は、携帯キャリアでは端末代金は2年契約にすると無料になるケースが多いです。SoftBankで月月割りと言いますが、実はこの月月割りは端末を一括で購入しても適用されます。つまり、本体を一括で買えれば、月額料金から月月割り分の代金が割引されるわけです。

で、気になるのが「スマ放題」でも月月割は適用されるのか?という点ですが、SoftBankのホームページにはこんな事が書かれています。

a947ce9f.png

とあるので、スマ放題でも月月割は適用されるりようです。

●iPhoneは最安幾らで運用できるのか?

で、本題ですが、もしiPhoneを最安で利用した場合。もしくは、通話もデータ通信もそれほどしない人が最安で幾らで運用できるかという事です。簡単に計算すると、月々の料金は以下のようになります。
基本プラン 2700円
ベーシックパック 300円
データ通信料2GB 3500円

−月月割 2920円

=3580円。
という事になります。
現時点で3700円くらい払ってすから、もし端末を一括0円に近い価格で購入する事できれば、電話かける放題のiPhoneが月3500円くらいで維持できる計算になります。これは結構お得。世間では、高くなったというイメージが強いですが、それはデータ通信を大量に使う人に限られていて、こうやった方法を使えば、以外とお得に使えるようです。まだ詳細は不明ですが、検討してみてはいかかでしょうか?iPhone6が発売される直前のiPhone5Sは狙いめです。