一昔前はちびっ子に将来の夢を聞くと「野球選手」とかまぁかわいい答えが返ってきたわけですが、最近は「HIKAKINみたいなYouTuber」という答えが多いそうです。言わずもがな、HIKAKINと言えば、日本で最も有名なYouTuberですが、よくネット上で噂される事として「年収は幾ら?」というものがあります。Googleの担当者かHIKAKIN本人、もしくは所属事務所のUUUMの関係者じゃないと詳細は分かりませんが、噂程度に「すごく稼いでいる」という話は有名です。

子供が憧れるのは理解できますが、ボクはこの記事であえて言いたい事は、、。

YouTuberはGoogleに非正規雇用されてるいのと同じだよ。

という事です。もっと言えば、、。

YouTubeは皆が思っているほど稼げない。

とも言えます。

まぁ実際ボクは動画は昔にMVNOの実測動画の1本しかアップしてないですし、ボクが投稿した時は今のように登録すれば誰でも広告収入が稼げるわけではなかったわけで、実際の所は分かってないですが、夢がある一方で闇があるという事は事実だと思います。

●ジェットダイスケさんの本で計算するHIKAKINの年収。

去年発売されたジェットダイスケさんの「YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方」という本があるんですが、その本によるとYouTubeの1再生辺りの収益の目安として、
1再生あたり0.1円
というものがあるそうです。10万回再生された1万円。100万回再生されて10万円が
目安だそうです。これはジャンルや年齢層によって違うようですが、ジェットさんの経験上は概ねこのくらいだと言います。ただ、年末に情報が駆け巡りましたが、シバターさんの「動画再生の広告収入が激減した」という話題もあるように、収益は安定的ではないようです。

で、年末に投稿されたHIKAKINさんの動画を見ると、2014年の総再生回数は、

9億7000万回
なのて仮に1再生あたりの収益が0.1円だと過程すると、2014年の年収は
9700万円
になります。まぁ概ねニュース等で報道されている数字です。さらに企業のタイアップ。そして「概要欄にリンク貼っておきます」というAmazonアソシエイトなどのアフィリエイト収入を加えると、収入は1億円ほどと仮定されます。ただ、あくまで収入なのでここから税金が引かれると、実質的には6000万円〜7000万円程度が手取りだと思われます。

こんな話もあります。
2014年12月25日放送の「モーニングバード!」(テレビ朝日系)は、HIKAKINさんの動画の総再生回数を約14億回、推定収入は「1再生0.1円」換算で1億4000万円と報じた。動画チャンネルを開始したのが2006年12月30日なので8年間の累計とみられ、単純計算で年収1750万円となる。

仮にユーチューブが広告料のレートを1再生あたり0.05円、あるいは0.025円に下げているとしたら、トップユーチューバーにとっても痛手のはず。

動画広告レートが急に落ち込む 収入「激減」にユーチューバー嘆く : J-CASTニュース

●HIKAKINそして人気YouTuberの住居から考える収益。

ボクはHIKAKINさんは思ったほど稼いでない、、と思ってます。確かに、庶民の年収が300万円〜400万円だと考えれば10倍以上稼いでいるわけで勝ち組なのは事実です。で、ボクが動画を見ていて思う事は「そんなに稼げてない」という思いです。

例えば、HIKAKINさん何かは都内の高級タワーマンションに引っ越しているわけで、動画のリビングの広さ(たぶん20帖〜25帖)くらいと仮定すれば、家賃は20万〜40万円程度と推定されるわけですが、他のYouTuberって意外と質素な所に住んでるんですよね。ジェットさんとかはYouTubeに投稿し始めた時から同じ家ですし、HIKAKINさんの次に人気と言われる瀬戸さんだって2LDKですけど、リビング10帖〜12帖くらいの家ですからね。瀬戸さんはニュース等で年収3000万円って報道されてますけど、ボクは年3000万円稼いでいたらもっと良い所に引っ越しますけどね。

人って正直でお金が入ったらまず何をするかって言うと、良い家に引っ越すわけです。(笑)

●HIKAKINを頂点だと考えると、中堅YouTuberは辛い。

もしHIKAKINさんの収入そしてチャンネル登録者200万人を頂点だと考えると、その半分、そして3分の1にも満たないと本当にYouTubeで生計を立てる事は厳しいです1日1本動画を投稿して1万回の再生だった場合、年間の再生回数は365万回ですが、もし仮に再生辺り0.1円だと仮定すると収入は36万円です。10万回で360万円ですから、相当厳しい。ジェットダイスケさん曰く、動画ではベーシックインカム程度の収入にしかならないと言います。

●子供がYouTubeに投稿する危険。

まず顔出しする危険を子供は知るべきです。HIKAKINさんがそうですが、人気なればなるほどアンチがいるわけで、基本的に若者文化であるYouTubeは少しでも顔の形が悪いだけで「キモい」というコメントが届くわけです。スマホや家電を紹介すれば同世代の子供から総バッシング。安易に真似する事は危険ですし、これは昔ですがUJX君のように場合によってはリアル生活に危険が及ぶ場合もあるわけです。

●もはやYouTubeで人気になるのは難しい。

最近のYouTubeは本当にレベルか高いです。編集技術もプロ並みっていう場合もあります。そしてHIKAKINさんの噂が流れてから参入が増えて群雄割拠の時代です。昔はiPhoneを紹介すればそれなりに再生回数が伸びたわけですが、今やiPhoneの開封動画なんて数十〜数百投稿されるわけで、そこから頂点に立つ事は本当に難しいです。

●趣味でやるのが正解です。

例えば、めっちゃ家電が好きで動画投稿をするのが楽しみだ。とか、暇な時間に動画を撮るのが楽しい。そういった使い方が正解だと思います。まず1億円稼ぎたいから投稿する人が成功する世界ではないと思います。